インターホン交換のシステムやメリットを改めて考えよう

現状復帰の必要性

現状復帰を考える

不動産賃貸物件のうち、テナント用賃貸物件の多くは、借りた後、現状復帰をして返すというルールがあります。テナント用賃貸物件は、基本的には借り始めたときは、壁も床も無い状態です。ここから、内装は賃借人が負担して製作していきます。賃貸契約終了後、返却の際は、再度賃借人負担で、製作した内装を撤去し現状復帰を行います。 しかし、この場合、賃借人には内装の築造と撤去共に、二重に負担がかかります。更に、新たな賃借人は、また自信の負担にて内装を築造しなければならず、無駄が多いと考えられていました。 このような流れから、テナント物件において、壁や床等の基本構造物は現状復帰義務を免除することが増えてきています。 テナント物件において居抜き物件が人気を博していることから、今後さらに現状復帰義務は衰退していくかもしれません。

両者の原状復帰の関係がすっきりするための動き

賃貸住宅を退去する際には、故意に汚した場合には現状復帰をする必要があります。しかしこの故意か、そうではないかという判断が難しいところです。 大家さんからすると少しでも綺麗な方が次の住人が決まりやすいので現状復帰をして欲しいですし、住人からするとできるだけ現状復帰の費用は抑えたいと考えます。 昔からこのような両者の葛藤があったために、最近では民法の見直しがおこない、現状復帰をする部分について明記する動きがあります。 根本的に信頼関係で成り立っている賃貸借契約なので、退去する際にもすっきりとして退去したいと考えるのが住人の考えですし、また逆に大家さんも機会があれば次も入居して欲しかったり、知り合いを紹介してもらいたいと考えるはずです。